WordPress

サイトのSEO対策のひとつに内部リンクを施しサイト全体の回遊性を高める方法があります。
WordPressを使って自力で毎回関連ページのリンクを貼ることも当然できますが、如何せん
効率も悪く、せっかくWordPressを使用しているのだから上手く関数を使って動的に内部リンクを
貼ってしまう方が効率的にも労力的にも有効な手段になります。

そこで今回は個別ページに関連する(同一カテゴリ)最新5件のページリンクをサムネイル付きで
投稿記事下に出力する方法を紹介します。

編集ファイルはsingle.phpファイルのみです。
初めての方は以下の方法よりsingle.phpの編集へと進んでください。

WordPressのダッシュボードから[ 外観 ] ⇒ [ テーマの編集 ]を選択

テーマファイルから「single.php」を選択して編集準備

投稿記事下もしくは記事一覧を表示したい箇所に以下コードを追加

<?php
$categories = get_the_category();
foreach($categories as $category):
$related_posts = get_posts(array(‘category__in’ => array($category->cat_ID), ‘exclude’ => $post->ID, ‘numberposts’ => 5));

if($related_posts): ?>
<h2>関連記事</h2>
<ul>
<?php foreach($related_posts as $related_post):
$thumbnail = get_post_thumbnail_id( $related_post->ID );
$src_info = wp_get_attachment_image_src($thumbnail, ‘thumbnail’);
$src = $src_info[0];
$width = $src_info[1];
$height = $src_info[2];
$title = $related_post->post_title;
 ?>
<li><a href=”<?php echo get_permalink($related_post->ID); ?>”>
<?php if ( has_post_thumbnail($related_post->ID) ) {
echo ‘<img src=”‘.$src.'” alt=”‘.$title.'” width=”‘.$width.'” height=”‘.$height.'” />’;
} ?><?php echo $title ?></a>
</li>
<?php endforeach; ?>
</ul>
<?php endif; endforeach; ?>

変数$categoriesに現在表示している記事のカテゴリを代入、関連記事としてループ表示する件数を
$numberpostsに代入して表示情報をサムネイル付きで表示するコードになります。
表示する関連記事が存在しない場合は何も表示されません。

$src_info = wp_get_attachment_image_src($thumbnail, ‘thumbnail’);

上記の第2引数’thumbnail’はサムネイルのサイズになるのでここを’full’や’medium’に変更すると
表示するサムネイルのサイズを変えることもできます。
一般的には’thumbnail’で問題ないと思いますが、thumbnailのサイズはWordPressのダッシュボードの中にある[ 設定 ] ー [ メディア ] の中で設定されており、ここで設定されている画像サイズを参照していますので、必要であれば[ メディア ]の設定の中で画像サイズを変更してください。

今回は特に上記ソースでは出力記事に対してスタイルを装飾していませんが、見栄えをよくする場合など、適宜style.cssファイルにスタイルコードを追加するなどして対応してください。
今回は割愛していますが、別の機会に簡単な装飾例など追記していこうと思います。

SEO対策にもなる個別記事ページに同一カテゴリ記事一覧(サムネイル付き)を表示する方法

サイトのSEO対策のひとつに内部リンクを施しサイト全体の回遊性を高める方法があります。
WordPressを使って自力で毎回関連ページのリンクを貼ることも当然できますが、如何せん
効率も悪く、せっかくWordPressを使用しているのだから上手く関数を使って動的に内部リンクを
貼ってしまう方が効率的にも労力的にも有効な手段になります。

そこで今回は個別ページに関連する(同一カテゴリ)最新5件のページリンクをサムネイル付きで
投稿記事下に出力する方法を紹介します。

編集ファイルはsingle.phpファイルのみです。
初めての方は以下の方法よりsingle.phpの編集へと進んでください。

WordPressのダッシュボードから[ 外観 ] ⇒ [ テーマの編集 ]を選択

テーマファイルから「single.php」を選択して編集準備

投稿記事下もしくは記事一覧を表示したい箇所に以下コードを追加

<?php
$categories = get_the_category();
foreach($categories as $category):
$related_posts = get_posts(array(‘category__in’ => array($category->cat_ID), ‘exclude’ => $post->ID, ‘numberposts’ => 5));

if($related_posts): ?>
<h2>関連記事</h2>
<ul>
<?php foreach($related_posts as $related_post):
$thumbnail = get_post_thumbnail_id( $related_post->ID );
$src_info = wp_get_attachment_image_src($thumbnail, ‘thumbnail’);
$src = $src_info[0];
$width = $src_info[1];
$height = $src_info[2];
$title = $related_post->post_title;
 ?>
<li><a href=”<?php echo get_permalink($related_post->ID); ?>”>
<?php if ( has_post_thumbnail($related_post->ID) ) {
echo ‘<img src=”‘.$src.'” alt=”‘.$title.'” width=”‘.$width.'” height=”‘.$height.'” />’;
} ?><?php echo $title ?></a>
</li>
<?php endforeach; ?>
</ul>
<?php endif; endforeach; ?>

変数$categoriesに現在表示している記事のカテゴリを代入、関連記事としてループ表示する件数を
$numberpostsに代入して表示情報をサムネイル付きで表示するコードになります。
表示する関連記事が存在しない場合は何も表示されません。

$src_info = wp_get_attachment_image_src($thumbnail, ‘thumbnail’);

上記の第2引数’thumbnail’はサムネイルのサイズになるのでここを’full’や’medium’に変更すると
表示するサムネイルのサイズを変えることもできます。
一般的には’thumbnail’で問題ないと思いますが、thumbnailのサイズはWordPressのダッシュボードの中にある[ 設定 ] ー [ メディア ] の中で設定されており、ここで設定されている画像サイズを参照していますので、必要であれば[ メディア ]の設定の中で画像サイズを変更してください。

今回は特に上記ソースでは出力記事に対してスタイルを装飾していませんが、見栄えをよくする場合など、適宜style.cssファイルにスタイルコードを追加するなどして対応してください。
今回は割愛していますが、別の機会に簡単な装飾例など追記していこうと思います。

ロリポップ WordPressインストール方法

ブログにしてもサイトにしてもWordPressを使うと簡単に始められます。

そんなWordPressをロリポップでは簡単にインストールが出来てすぐに始めることができます。

そんなロリップでのWordPressインストール方法を詳しく紹介していきます。

WordPress簡単インストールツールを使う

ロリポップのユーザー専用ログインページからログイン後、下図の様なユーザー管理画面が

起動するので管理画面左メニューから「サイト作成ツール」⇒「WordPress簡単インストール」を

クリックして、WordPressインストール画面を起動します。

ドメインの設定・サイト情報の登録

WordPress簡単インストール画面が起動したら、インストールするドメインの指定と
これからどういうサイトやブログを作成するのかの基本情報を入力して登録します。

※独自ドメイン設定を行った直後の場合、WordPressのインストールができない場合が
あるので、その場合は少し時間を空けてから再試行してみてください。

 

【サイトURL】
ドメイン設定が完了しているドメインリストが表示されます。
リストの中からこれからWordPressをインストールするドメインを選択します。

利用データベース】
特に変更する必要はありません。

サイトのタイトル】
サイトやブログのタイトルを入力します。(後で変更が可能)

ユーザー名】
WordPressの管理画面にログインする際のログインIDになります。(後で変更は不可)

パスワード】
WordPressの管理画面にログインする際のパスワードになります。(後で変更は不可)

メールアドレス】
使えるメールアドレスを指定してください。

プライバシー】
要チェック(Google検索エンジンによる検索を可能とする意味)

インストール先のドメイン指定とサイト基本情報の入力が完了したら、「入力内容確認」ボタンを
クリックして確認画面(下図)へ画面遷移させます。

内容に問題がなければ、「承諾する」にチェックを入れて「インストール」ボタンを押して
インストールを開始します。

無事にWordPressのインストールが完了した場合は、以下のような完了画面が表示されます。

これでWordPressのインストールは終了です。
後は、管理者ページURLに記載されているアドレスにアクセスをして基本情報で入力した
ユーザー名とパスワードを使ってWordPressの管理画面にログインをします。

【Xeory Base カスタマイズ】サイドウィジェットのタイトル装飾

テーマに対してちょっとしたカスタマイズを加えるだけでガラッと見栄えが変化したりしますよね。
これからXeroy Baseのテーマに対してカスタマイズを少しずつ加えていくことにしましたので、その辺を紹介していければなと思っています。

まず手始めに何をしようかと考えたところ、サイドページ(ウィジェット)があまりにも殺風景だったので、各サイドウィジェットのタイトルに装飾を加えることにしました。
カスタマイズ内容として非常に単純でCSSに以下赤字箇所を追加することで対応が可能です。

カスタマイズ内容

① タイトルバーのバックグラウンドカラーを設定
② タイトルバーに影を設定して立体化
③ タイトルの印字位置を中央揃えに変更
④ 上下にpadding設定

.side-widget .side-title {
margin: 0 0 32px;
font-size: 15px;
text-align:center;
background-color:#4169e1;
color:white;
padding:3px 0 3px 0;
box-shadow:5px 5px rgba(0,0,0,0.4);

}

③のタイトル印字位置の変更ですが、もともと左揃えがデフォルトであり、リストタイトルの左揃えと同化している感じで気持ち悪かったのでウィジェット別の区切りをはっきりさせようかと思いタイトルの印字位置を中央揃えに変更しました。
また、②のShadow設定と合わせて、よりタイトルの強調化をはかっています。

変更前の画像

変更後の画像

 

ちょっとした変更ですが、サイドウィジェットのタイトルをはっきりさせるだけでもサイトの全体像が少し引き締まった感じがでますね。

【Android開発】ウィジェットクラス

ウィジェットクラスは大きくわけて3つに分類されます。

ウィジェットクラス分類

  1. TextViewクラスを継承するもの

  2. Adapterクラスを継承するもの

  3. 上記以外でViewクラスを継承するもの

1.TextViewクラスを継承するウィジェット

TextViewクラスを継承する主要ウィジェックラス
(EditText・Button・CheckBox・RadioButton)

TextView

TextViewクラスは、ラベルとして出力専用で使用されます。
また、EditTextやButtonなどが継承する親クラスとしての役目をもちます。

EditText

EditTextクラスは、テキストボックスの表示または入出力を行うクラスです。

Button

Buttonクラスは、処理を実際に行うイベント処理用のクラスです。

Buttonクラスでよく使用するメソッド

メソッド 属性 概要
setTag(String) android:tag ボタンにタグを設定
setTag ボタンからタグを取得
setOnClickListener(Class) android:onClick ボタンにイベント処理を登録

※setOnClickListenerについて
登録するメソッドの指定方法が、xmlとコードの場合で異なる点に注意です。
xmlの場合、Activityを継承したクラスのメソッド名となり、コードの場合はView.onClickListenerを実装したクラス名になります。

CheckBox

その名の通り、checkBoxを表示するクラスです。
使用メソッドは以下の通りです。

メソッド 属性 概要
setChecke(boolean) android:checked チェック状態の設定
isChecked() チェック状態の取得
setOnCheckedChangeListener(Class) チェックイベント処理を登録

RadioButton

その名の通り、ラジオボタンを表示するクラスです。
使用メソッドは以下の通りです。

メソッド 属性 概要
check(int) 引数に指定したIDのボタンをチェック状態とする
clearCheck() 全てのチェックボタンを非チェック状態とする
getCheckedRadioButtonId() チェック状態のボタンのIDを取得する
setOnCheckedChangedListener(Class) チェックイベント処理を登録する

2.Adapterクラスを継承するウィジェット

AdapterViewクラスを継承するグループにはSpinnerクラス/GridViewクラス/ListViewクラスが存在。
自身のフィールドの表示に関するすべての属性はArrayAdapterやbaseAdapterを使用して行います。
Adapterにイメージや配列を持つことでリストやグリッドを表示する仕組みです。

  • Spinner
  • Spinnerは、ドロップダウンリストを表示するクラスです。
    アダプタとしてArrayAdapterを使用します。

    ArrayAdapterへのデータ登録方法(3種類)
    1.Arrayリソースを指定
    2.ArrayListクラスにリストデータを格納して指定
    3.ArrayAdapterのAddメソッドで直接追加

  • GridView
  • ListView

3.Viewクラスを継承するウィジェット

Android Studio 日本語化対応

現時点最新バージョンであるAndroid Studio(2.3.3.0)をもとに日本語化対応の紹介をします。

Android Studioの日本語化対応は、Pleiadesを使用して行います。
ただし、PleiadesではAndroid Studioを完全に日本語化するものとしては作成されておらず、一部日本語化にできない、また動作に不具合を引き起こす可能性があることを知っておく必要がります。

Android Studioの日本語化対応

1.日本語化対応プラグインの配置

まず初めに以下リンク先よりご使用のOSに応じてPleiadesプラグインをダウンロードします。
Pleiadesダウンロード

 

上記リンクをクリックするとPleiadesダウンロード画面に遷移しますのでお使いのOSに合わせてプラグインのダウンロードを開始してください。

続いて、ダウンロードしたZipファイルを適当な場所に解凍します。

解凍したファイルの中にplugin/jp.sourceforge.mergedoc.pleiadesフォルダがあるのでそれを丸ごとコピーして以下の場所に保存をします。

■ Windowsの場合
(ユーザホーム)/.AndroidStudio2.3/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades
■ Macの場合
(ユーザホーム)/Library/Preferences/AndroidStudio2.3/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades

2.起動オプションの編集

プラグインの配置が終了した後、次に起動オプションの編集を行います。
起動したAndroid Studio のタスクバーから[ Help ] – [ Edit Custom VM Option ]を選択します。

[ Edit Custom VM Option ]を選択した後、以下の画面でVM Optionファイルを作成しますか?の問い合せに「Yes」を選択し、ファイルを作成します。

ここからは実際に作成されたCutom VM Optionファイルの編集に移っていきます。
このファイルにデフォルトの設定をコピーして引き継ぎます。

デフォルトファイルの保存先はAndroid Studioのインストール先であるC:\Program Files\Android\Android Studio\bin内のstudio.exe.vmoptionsがデフォルトファイルになります。
これをテキストエディタで開くと、以下のような内容が記述されているので中味をすべてコピーします。

コピーした内容を先ほど生成したstudio64.exe.vmoptionsファイルに丸ごとコピーをして、
その下に以下の2行を追加します。
※追加行(赤字の”ユーザー名”のところは皆さんの環境に合わせてください)
-Xverify:none
-javaagent:C:\Users\ユーザー名\.AndroidStudio2.3\jp.sourceforge.mergedoc.pleiades\pleiades.jar

こんな感じになるはずです。

コピーしたファイルを保存してAndroid Studioを再起動すると以下のように日本語化されているのが確認できると思います。