何かと便利でアプリサービスの拡張性も高いGoogle Map。
そんなGoogle Mapを利用したアプリ開発の手順を準備段階から紹介していきたいと思います。

Google Map開発までの流れ、および概要

SHA1のコードはAndroid開発環境にユニークで存在するキーコードでGoogle Maps APIを入手する際に必要になるコードです。このキーコードとGoogle Maps APIキーをひもづけることでGoogle Mapが利用できる仕組みになっています。

Webサイト Google APIsに接続しGoogle Maps APIを生成します。
生成したコードを開発環境にコピーして使用します。

以下の3つのコンポーネントをAndroid Studioにインストールしなければなりません。
・Google APIs(ARM System Image)
・Google Play services
・Google Repository

ターゲットとするAndroidバージョンをGoogle APIsに指定してアクティビティーの種類をGoogle Maps Activityでプロジェクトを作成します。

Google APIsに対応したAVDを作成します。

SHA1フィンガープリントの生成

フィンガープリントのコードは、debug.keystoreファイルに保存されていますが、WindowsのOSによって保存先が異なります。

■Windows XPの場合
C:\Documents and Settings\\.android\

■Windows 7の場合
C:\Users\\.android\

■Windows 10の場合
C:\Users\\.android\

また、フィンガープリントの取得はJDKが持つkeytool.exeを使用してコマンドプロンプトによって行います。下図のような感じで…

JDKのkeytool.exeが保存されているディレクトに移動できたら、実際にフィンガープリントを生成してみましょう。
フィンガープリントを生成するには以下のようにコマンド入力を行います。
※ユーザー名のところは使用されている環境のユーザー名を入力してください。

■フィンガープリント取得コマンド
keytool -v -list -alias androiddebugkey -keystore C:¥Users¥ユーザー名¥.android¥debug.keystore -storepass android -keypass android

証明書のフィンガプリントに記載されている「SHA1」のコードがキーコードとなりGoogle Maps APIキーを取得する際に使用することになります。
この一連のコマンド操作を覚えておいて損はありませんが、実はAndroid Stuidoを使用している場合、プロジェクト作成時にアクティビティをGoogle Maps Activityを選択して作成すると自動で生成されるgoogle_maps_api.xmlファイルにSHA1のキーコードが勝手に取得され記述してくれるので先にプロジェクトを作成してからAPIキーを取得する方が早かったりもします。

Google Maps APIの入手

次にフィンガープリントを生成して得たコードをもとにGoogle Maps APIキーを取得していきます。
下記、Googleコンソールサイトに接続してAPIを入手します。
サイト接続にはGoogleアカウントでのログインが必要ですのであらかじめ登録をしておいてください。(Gmailアカウントで大丈夫です)

以下ログイン後の作業手順です。

1.APIプロジェクトを作成する
下図の「+プロジェクト作成」をクリック、任意のプロジェクト名を入力して作成ボタンにてプロジェクトを作成します。このプロジェクトにこれから取得するAPIキーを管理していきます。

2.Google Maps API作成

下図APIとサービスから「Google Maps Android API」を選択してクリックします。

下図遷移画面で「Google Maps Android API」を有効にします。
有効にすることで先ほど作成したプロジェクトにAPIの基本情報が作成されます。

有効にしただけではこのAPIは使用することはできません。
下図画面に遷移するのでここで「認証情報を作成」をクリックして先に進んでください。

次遷移画面で「必要な認証情報」をクリックして進みます。

次遷移画面でランダムなAPIキーが生成されるので「完了」ボタンにて作成を完了します。

認証情報にGoogle MapsのAPIキーが作成されるのでこのAPIキーに対してフィンガープリントで生成取得したSHA1のコードを紐づけていきます。

下図遷移画面で作成されたAPI情報をクリックします。

API取得の最終作業です。
次遷移画面でSHA1コードと紐づけを行います。

アプリケーションの制限で「Androidアプリ」を選択
パッケージ名にアンドロイド開発環境のパッケージ名を入力
SHA-1証明書のフィンガープリントに開発環境で取得したフィンガープリント上のコードを入力

最後に「完了」ボタンで終了です。

SDKツールのインストール

WEB上においてAPIキーの取得およびSHA1コードとの紐づけが終了したわけですが、次に開発環境でGoogle Mapアプリを開発するにあたり必要なツールをインストールしていきます。

インストールが必要なツールは以下の3つです。
・Google APIs(ARM System Image)
・Google Play services
・Google repository

インストールする方法は、Android Studioの[ツール]-[Android]-[SDKマネージャー]から行います。

Google APIsは、SDKプラットフォームタブからインストール。
Google Play servicesとGoogle repositoryはSDKツールタブからインストール。

対象のツールにチェックをつけて適用ボタンを押せばインストールが開始されます。

Google Maps専用プロジェクトの作成

Google Mapアプリ専用のプロジェクトを新規に作成します。

プロジェクト作成にあたり注意する点としては、Minimum required SDKでプロジェクトが対象とする最小のバージョンをAPI9以上で選択する必要があります。
API8以外の場合、警告メッセージが表示されてしまいます。
また、プロジェクト名は、Google Maps APIを作成した時に指定したプロジェクト名称と同一にする必要があります。もし、異なる名称をプロジェクト名としてしまった場合、作成するGoogle Mapアプリは正常に動作しませんので注意してください。

これらの注意事項を踏まえて、

・プロジェクト名にはAPIキー作成時に登録したプロジェクト名と同一のもの指定する
・Phone and Tabletにチェックする。
・最小ターゲットにはAPI9以上を選択する。
・アクティビティはGoogle Maps Activityを選択する。

以上、設定内容で新規プロジェクトを登録します。

新規プロジェクトを登録すると下図のようなgoogle_maps_api.xmlファイルが自動的に開きます。
次にこのファイルに対して修正を行います。

このファイルのYOUR_KEY_HEREの箇所を取得したAPIキーに書き換えます。(上図の赤枠の箇所

Google Maps専用AVD作成

最後に動作検証を行うためのAVDを作成します。

AVD作成は、Android Studioの[ツール]-[Android]-[AVDマネージャー]で行います。

注意点としては、ターゲットを先ほどインストールしたGoogle APIsのバージョンに合わせてください。Google APIsのバージョンに合わせないとGoogle Mapが正常に動作しません。

下図の例の場合、Google APIsをAPIターゲット26で行っています。
downloadとなっているターゲットは、各APIレベルのGoogle APIsがインストールされていない状況を表しています。

以上を踏まえてAVDの作成を行ってください。

以上でGoogle Mapアプリ開発の基本的な環境作りは終了となります。

実際に作成したAVDに対して動作テストを実行してみてください。
正常にGoogle Mapが表示されれば環境づくりは成功です!!

それでは、楽しいGoogle Mapアプリ開発をお楽しみください。