今回はVisual Studio Codeの日本語化についてです。

統合環境でVisual Studio Codeを利用される方は非常に多いと思いますが、まずインストールをして一番気になるのがインストールした状態だと英語版だという点です。

英語版が特に気にならない方は問題ないですが、作業効率を含めて日本語対応ができることならやりたいと思う方には、このページで紹介する内容の通りにやれば簡単にVisual Stuido Codeの日本語が出来ますので是非試してみてください。

Visual Studio Code の簡単日本語化

Viewからcommand paletteを選択する

英語版のVisual Studio Codeのツールバーから「command palette」を選択します

「configure display language」を入力

パレットの入力欄に「configure display language」を入力して、リスト候補の「Configure Display Language」を選択します。

「install additional language」を選択

リスト表示される「en」ではなく、「install additional language」を選択します

日本語をインストール

下図画面に切り替わるので「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」を選択して「install」ボタンをクリックしてインストールを開始します

Visual Studio Codeの再起動

インストールが完了したらVisual Studio Codeを再起動して日本語化が完了になります。