【Android開発】ウィジェットクラス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィジェットクラスは大きくわけて3つに分類されます。

ウィジェットクラス分類

  1. TextViewクラスを継承するもの

  2. Adapterクラスを継承するもの

  3. 上記以外でViewクラスを継承するもの

1.TextViewクラスを継承するウィジェット

TextViewクラスを継承する主要ウィジェックラス
(EditText・Button・CheckBox・RadioButton)

TextView

TextViewクラスは、ラベルとして出力専用で使用されます。
また、EditTextやButtonなどが継承する親クラスとしての役目をもちます。

EditText

EditTextクラスは、テキストボックスの表示または入出力を行うクラスです。

Button

Buttonクラスは、処理を実際に行うイベント処理用のクラスです。

Buttonクラスでよく使用するメソッド

メソッド 属性 概要
setTag(String) android:tag ボタンにタグを設定
setTag ボタンからタグを取得
setOnClickListener(Class) android:onClick ボタンにイベント処理を登録

※setOnClickListenerについて
登録するメソッドの指定方法が、xmlとコードの場合で異なる点に注意です。
xmlの場合、Activityを継承したクラスのメソッド名となり、コードの場合はView.onClickListenerを実装したクラス名になります。

CheckBox

その名の通り、checkBoxを表示するクラスです。
使用メソッドは以下の通りです。

メソッド 属性 概要
setChecke(boolean) android:checked チェック状態の設定
isChecked() チェック状態の取得
setOnCheckedChangeListener(Class) チェックイベント処理を登録

RadioButton

その名の通り、ラジオボタンを表示するクラスです。
使用メソッドは以下の通りです。

メソッド 属性 概要
check(int) 引数に指定したIDのボタンをチェック状態とする
clearCheck() 全てのチェックボタンを非チェック状態とする
getCheckedRadioButtonId() チェック状態のボタンのIDを取得する
setOnCheckedChangedListener(Class) チェックイベント処理を登録する

2.Adapterクラスを継承するウィジェット

AdapterViewクラスを継承するグループにはSpinnerクラス/GridViewクラス/ListViewクラスが存在。
自身のフィールドの表示に関するすべての属性はArrayAdapterやbaseAdapterを使用して行います。
Adapterにイメージや配列を持つことでリストやグリッドを表示する仕組みです。

  • Spinner
  • Spinnerは、ドロップダウンリストを表示するクラスです。
    アダプタとしてArrayAdapterを使用します。

    ArrayAdapterへのデータ登録方法(3種類)
    1.Arrayリソースを指定
    2.ArrayListクラスにリストデータを格納して指定
    3.ArrayAdapterのAddメソッドで直接追加

  • GridView
  • ListView

3.Viewクラスを継承するウィジェット

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*