【Android Studio】AVD(Android Virtual Device)が起動しない場合の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Android Studioをインストールした時によく直面する問題ですね。
実機では動作確認できるけれどもエミュレーターを使おうとすると動かないといったケースに
遭遇する方は意外に多いのではないでしょうか。

このAVDが動かない原因と対処法を以下にまとめますのでご参考までにどうぞ。

エミュレーターが起動しない原因は大きくわけて2つあります。

エミュレーターが起動しない原因

  1. 開発環境PCのBIOS設定で仮想化支援機能が無効になっている
  2. Intel x86 Emulator Accellerator(HAXM)がインストールされていない

だいたいこの2つの問題を解決するだけでエミュレーターを無事に起動することができると思います。

問題の解決方法

1.開発環境PCのBIOS設定で仮想化支援機能を有効にする

※解決方法の解説の前に使用されている開発環境PCが仮想化支援機能を有していな場合は、エミュレーターでの実行は無理ですのでその点ご注意ください。

BIOS設定はPC起動時に行います。どのPCでも入口は同じです。
ただし、PCによってBIOS設定画面起動のキーが異なるのであらかじめ確認をしておいてください。
PCの取説などがない場合は、PCに電源を入れた際にチラッと表示される画面にBIOS起動キーが表示されています。
ほどんどがファンクションキーまわりの(ESC、F1、F2、F12)ではないでしょうか?

無事にBIOS設定画面を起動できたら、まずはCPU関連の設定項目を探してみてください。
※仮想化支援機能はCPU設定項目です。

BIOS設定画面もまたメーカーによってレイアウト、扱う言葉などがまったく異なりますのでCPU設定項目の中で「Virtual」「Virtualization」「VT」などの単語が表示されている項目があれば間違いありません。
その設定項目の設定値が「FALUSE」または「DISABLE」とかになっていた場合はエミュレーターなどの仮想化技術が使用できない状態になっていますので、この設定を「TRUE」または「ENABLE」に変更してあげます。
すでに「TRUE」もしくは「ENABLE」になっている場合は変更する必要はありません。

BIOSの設定は以上となります。

2.HAXMをインストールする

2-1.SDKのインストール

エミュレーターを実装する上でSDKが絶対条件として必要になります。
ただ、Android Studioにはあらかじめインストールする際にSDKも一緒にインストールされるのでこの点に関してはまず問題ありません。

2-2.エミュレーターを使う上での必須パッケージをインストール

Android SDK Platform-toolsのインストールAndroid Studioから[ツール(T)] – [Android] – [SDKマネージャー]を選択してSDKマネージャーを起動します。

「SDKツール」タブがあるのでこれをクリックしてSDKツール画面を開き、Android SDK Platform-toolsのインストール状況を確認してください。
これがチェックのついていない[未インストール]状態の場合は、インストールを行ってください。
また、あわせてAndroid Emulator、Android SDK Toolsのインストール状況、更新状況も確認してインストールもしくは最新の更新を行ってください。
この設定を行うことでAndroid Studioからエミュレーターを起動させる土台が出来上がりました。

2-3.HAXMのインストール

最後にHAXMのインストールです。
これは開発アプリをどのAndroid OSバージョンを対象にするのかにもよってOSのバージョンごとにインストールをする必要があります。先に[SDKプラットフォーム]で対象とするAndroid OSのバージョン(APIレベル)のパッケージをインストールしておきます。
※パッケージのインストール項目は、「SDK Platform」「System Image」と書かれている項目だけで問題ありません。SDKプラットフォームのインストールが無事に終わると先ほどの[SDKツール]画面に「Intel x86 Emulator Accelerator(HAXM installer)」が現れますのでチェックを入れてインストールを行えば完了です。以上の設定でAVDマネージャーからSDKプラットフォームやSDKツールでインストールを行ったAndroid OSバージョン(APIレベル)の仮想デバイスを作成することでAndroid Studioからエミュレーターを起動することができます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*