Python 開発環境構築(Windows10)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Pythonの効率的開発環境の構築

通常、pythonで開発環境は、python本体のインストールを行った後に必要に応じてライブラリを追加していかなければなりません。ただ、これでは非常に環境構築の効率が悪く、追加するライブラリによってはインストールが難しいものもあります。
この問題を解決してくれるのが、Anacondaです。
Anacondaは、Python本体+よく利用されるライブラリがセットになっているものでAnacondaでpythonをインストールしておくと後でライブラリを追加する必要もなく大変効率的な環境構築をはじめから行うことができます。

Anacondaのインストール

このテキストを変更するには編集ボタンをクリックしてください。Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

特に理由がない場合は、ダウンロード先から最新バージョンを選択してダウンロードを開始してください。(インストール先のOSが64bitsの場合は64bits版を選択します)

ダウンロード後、インストーラーを起動します。
「NEXT」ボタンをクリックして次に進んでください。

「I agree 」ボタンをクリックして次に進みます。

自分だけが使う場合は、「Just Me」をクリックして次に進みます。
他の人のアカウントでも使用する場合は「All Users」をクリックして次に進みます。

Anacondaのインストール先を指定して「Next」ボタンをクリックして次に進みます。

特に変更することなくデフォルトの値で「Install」ボタンをクリックして次に進みます。

Anacondaのインストールが開始されるのでインストールが完了するまで待ちます。

インストールが完了したら「Next」ボタンで次に進みます。

終了画面が出たら「Finish」ボタンをクリックしてインストールを完了します。

統合開発環境(IDE)Pycharmのインストール

Pycharmはpythonの統合開発環境(IDE)です。
統合開発環境にはいろいろ選択肢がありますが、一般的にはPycharmが主流になっており何か問題がある場合でも比較的情報を得やすいのでpythonで開発を行う場合には特別な理由がない限りは、Pycharmをダウンロードして使用するようにしましょう。

統合開発環境(IDE)Pycharmは以下リンクからダウンロードすることができます。

イントーラーをダウンロードしたらインストーラーを起動します。
インストーラーを起動したら「NEXT」ボタンで次に進みます。

PyCharmのインストール先を指定して「Next」ボタンをクリックして次に進みます。

特にチェックを付けずデフォルトの値で「Next」ボタンをクリックして次に進みます。

特に変更せず、「Install」ボタンをクリックして次に進みます。
ここからインストールが開始されます。

インストールが開始するので完了するまで待ちます。

以下画面が表示されたらPycharmのインストールは完了です。

AnacondaとPycharmのインストールが完了したところでPythonの開発環境は整いました。
Pythonの開発をぜひ楽しんでください!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*