【Android開発】XMLファイルで使用する単位についてのまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Android開発のレイアウト設定では決まった単位を使用することになっています。
そこでAndroid開発で使用できる単位についてのまとめておきます。

 

単位 正式名称 概要
px pixels ピクセルをそのまま使用した単位
pt points 1/72インチを1にした単位
mm millimeters ミリメートル
in inches インチ
dp(dip) Density Independent Pixels 解像度に依存しない仮想的pixel
sp Scale Independent Pixels 指定フォントサイズに依存する仮想的pixel単位



上記単位を使用して表示するウィジェットの幅や高さを指定することができますが、
Androidでは以下の定数を使って表示領域を指定することが多いので合わせてまとめておきます。

定数 概要
fill_parent 親の幅や高さいっぱいにウィジェットを表示する
wrap_parent 表示する内容を包括するレベルで幅や高さを決定する
match_parent fill_parentと同様。API8以降にfill_parentからmatch_parentに呼称が変更

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*